よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

永遠の名作 ルイスポールセン ポール・ヘニングセンの「PH5」ペンダントライト

新築のマンションを購入したことをきっかけに、良い照明器具を探すことになりました。
まずは海外の多くのブランド・メーカーの照明器具を展示・販売しているヤマギワなどのショールームに行ってみました。

そこで以前からあこがれていたPH5に出会ってしまいました。

 

北欧を代表する照明器具、ポール・ヘニングセンによる「PH5」がコペンハーゲンデンマーク工芸博物館で開かれた展覧会「ガラス、光とカラー」展において初めて紹介されたのが1958年。以来、世界中で愛され続けている「PH5」。
 

最近ではテレビのCMやドラマなどでよく登場しますが、私が購入した頃はまだ、露出が少なくてオシャレ家具屋さんなどでたまに見掛けるくらいでした。 

 
元々はホワイトベースのはずですが、他のカラーも多く展開されていて、スカイブルーやグレーなどのホワイト以外のカラーが発売されていて、どれにしようか結構悩んだのですが、結局一番落ち着くベーシックなホワイトに決めました。

 

以来、ずーとお気に入りのランプです。

 
IMG_0532-s.jpg
 
うちのマメルリハと一緒にパチリ。

明るさは150Wと、一般的な照明よりも少し暗めですが、食卓を美味しく照らすためだけの灯りとしては十分だと思います。
 

しかも光が直接目に入ることのない仕組みになっているので通常よりテーブルからの距離を近付けるのですが、目の前にあってもまぶしいということはないです。 

 
ダイニングテーブルからの高さはは60~70センチほどが最適と言われています。
 

一般的に日本の照明器具は天井にピタッと設置するものが多いので、このぶら下げるペンダントタイプに慣れるまでは、少し低すぎるかな?と思ってしまいます。

 
うちは推奨の高さより少し高めのダイニングテーブルからの高さは80センチ。微妙な高さに落ち着いています。
 
ランプの上の小さなシェードが鮮やかな青で、外側からは直接見えない仕組みになっているランプの周りを囲う筒状の中は赤色です。
 

このそれぞれのカラーがランプの美しさをさらに引き立ててくれます。 

 

このランプは1958年に発売されたものだそうですが、今みても洗練されたデザインに見えるのがとても不思議です。
 
美しいフォルムは、100年後に見ても変わらず美しいのでしょうか。 これからも大切に使っていきたいと思います。
 
IMG_0630-s.jpg
 
少し高かったけれど、良いお買い物をしたと大変満足しています。

嬉しいことに掃除は楽ですし、迷っている方にはオススメします。

 

電球は300円くらいで早いと3ヶ月、長いと半年くらい持ちますから

ランニングコストも問題なしです。  

 

にほんブログ村 旅行ブログへ