よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

ブリュッセルでムール貝を堪能

食通の国、ベルギーの食事は楽しみにしていました。

お店はグランプラスにあるベルギー料理のレストラン

ケルデルク「't Kelderke」です。

2010_08_19-s.jpg

ブラバン公爵の館の地下にあるので分かりやすいですね。

一部ボッタクリの店があるというイロ・サクレ地区に行かなくて済むし

写真入りの日本語メニューもあるので安心ですよ。

IMG_6745-s.jpg

グランプラスの市庁舎

まずは、ブロンシュ・ド・ブルージュ BLANCHE DE BRUGES 白ビール

普段はビールを飲まない私が、この0.5リットルを飲み干すなんて日本じゃありえません。

しかも気が付かないうちに空になってたんです。苦味が少なくて◎

IMG_6706-s.jpg

このビールは本当に!美味しかったです。(相方は下戸なので残念ながらコーラ)

店内を見回すと、ほとんどの人が、一人1鍋のムール貝を食している。。4人家族には4つの鍋…きっと普通なんでしょうね。 ムール貝の日本の旬は夏ですが、こちらでは秋から春が旬らしいので注文するか悩んでいたのですが これほど人気の「ムール貝の白ワイン蒸し」ムール・オ・ヴァン・ブラン(moules au vin blanc)を

食べない訳にはいかないねっと1つ注文してみた。

IMG_6711-s.jpg

入り口

食べ方を教えて欲しいと店員に言うと、張り切って教えてくれました。

一つ目はフォークで食べて、二つ目以降は空になった貝を手に持って

トングのようにつまんで食べるそうです。

フォークで食べるより簡単、楽ですよ。IMG_6712-s.jpg

メニュー

鶏肉のクリーム煮(waterzooi)と

小エビのクリームコロッケ クロケット・オー・クルヴェット(croquettes aux crevettes)

も両方とも美味しくて大満足。

IMG_6713-s.jpg

レンガ造りの歴史を感じる店内もなかなかいいです。

【ベルギーについて】

ベルギーの首都ブリュッセルはEU本部やNATOの機関が集まるヨーロッパきっての国際都市。

言語はオランダ語とフランス語の2言語併用地域。

駅名など各種標示が2言語なので観光客にはチョット分かりづらい。

例えばブリュッセルに訪れる人が必ず一度は足を運ぶ美しい広場、グランプラスなら

フランス語Grand-Place、オランダ語Grote Markt となります。

IMG_6743-s.jpg

ブラバン公爵の館

南北にわかれて北部のフラマン人(フランデレン語=オランダ語の方言)と

南部のラテン系のワロン人(フランス語、一部ドイツ語)というように

ヨーロッパの2大民族で構成された国なのです。

ドイツから移動すると全然違う雰囲気なので少し戸惑うかもしれませんが

ラテン系のおおらかさや明るさに触れて、この国に慣れてくると楽しい観光が出来ると思います。 食事の料金はトータルで60.20EURでした。

ごちそうさまです。

写真ブログ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking