よくばりトラベルプランズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

シャンボール城の優雅さ

ロワール渓谷の宝石、この地方にある最大古城、

シャンボール城です!

(Château de Chambord)

IMG_7086-s1.jpg

圧倒的な風格と美しさが目の前にあると

人はため息をついてしまうのですね。

IMG_7097-s1.jpg

屋根の鐘楼や煙突群の装飾の繊細さにうっとり。

フランソワ1世が狩猟のために作られたお城ということで、

周囲は広大な森林地帯なので空気も美味しいですよ。

IMG_7092-s1.jpg

イタリアから連れてきたダヴィンチに設計させたといわれる

すれ違うことの無い二重螺旋階段を歩くことも出来て良かったです。

DNAの螺旋構造を想像しながら行きましょう♪

IMG_7150-s1.jpg

このお城の堂々としているところが好きです。

ないものねだり?

シャンボール城について】

1515年に王位を継承したフランソワ1世がミラノを支配し

ダヴィンチをフランスへ招きました。

1519年、狩猟用の離宮のとしてこの城の建設工事を着工を命じました。

中世の要塞としての外観を残しながら、

イタリアのルネッサンス様式を取り入れた斬新な姿になっています。

大きさは部屋426、階段77、暖炉282と桁外れの規模です。

外壁の石材は、柔らかくもろい石灰岩を絶妙な技法で用いています。

フランソワ1世が統治した32年の間に

このお城で過ごした日数はわずか72日、

彼はお城の完成を前にこの世を去りました。

現在のシャンボール城の姿に整えたのは息子のアンリ2世とルイ14世のふたりです。

このお城の歴史に名を残した人物は、

オルレアン公ガストン(ブルボン家の王子、ルイ13世の弟)

スタニスラス・レクチンスキー(ルイ15世の義父・ポーランド国王を追われ亡命)

サックス元帥(フランス軍最高司令官、エルマン・モーリス・ド・サックス)

ボルドー公、シャンボール伯爵(フランス王シャルル10世の孫、アンリ・ダルトワ)

現在はシャンボール伯爵の後継者からフランス政府が買い取り、所有しています。

1981年にシャンボール城と領地は世界文化遺産として指定されました。

2000年にシュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷全体が

世界文化遺産に登録され、そこに包括されました。

写真ブログ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking