よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

パリの街の中に輝くドーム「アンヴァリッド」

右奥に見える金ぴかのドームが気になる。IMG_7164-s.jpg

コンコルド広場からオベリスク、フランス国民議会議事堂が見えるその奥です。

はじめてのパリ旅では訪れなかったアンヴァリッドですが

気になって仕方が無かったので今回は訪問させていただきました。

IMG_7313-s.jpg

オテル・デ・ザンヴァリッド=通称:アンヴァリッド

ルイ14世が廃兵院として建設したものです。

今も戦傷病兵や傷痍軍人が生活している施設で

一部は軍事博物館になっています。 でも特にこちらの中で有名なのは併設されているナポレオンの墓所! 入場チケットはナポレオンの墓と軍事博物館はセットになっています。 時間が無かったので(軍事博物館は見られない)ナポレオンのお墓だけのチケットをくださいと

言ってみましたがありませんでした。料金は9ユーロ。

IMG_7444-s.jpg

入り口を入ると、想像を超える広さに圧倒され

何よりもナポレオンの棺の巨大さに驚きました。

IMG_7433-s.jpg

黄金ドームの真下に、緑の花崗岩の台座に乗った真っ赤な石棺。

美しい女神たちの石像が取り囲んでいます。

石棺の内側にさらに5重の柩があるそうなので大きいということなんですね。

ブリキ製、マホガニー、3、4番目は鉛、5番目は黒檀

その中にナポレオンが納められているのです。

マトリョーシカとかエジプトのツタンカーメン状態でしょうか。

いや、ツタンカーメンは三重棺なのでナポレオンおそるべしです。   IMG_7430-s.jpg

立派な天蓋や地下への入り口も見応えありました。

IMG_7431-s.jpg

ナポレオン・ボナパルト

軍人の英雄から皇帝になり政権を握ったあと

ロシア遠征の敗北によりイタリアの小島へ追放され

その島を脱出しパリに戻り再度復位を成し遂げ

100日経たずにワーテルローの戦いで完敗し

南大西洋の孤島セントヘレナ島に幽閉されたという

壮絶なナポレオンの人生。

(地図でセントヘレナ島を見てショックを受けました。ここは脱出不可能ですね。)

IMG_7442-s.jpg

安易ですが「何か努力しなくちゃ…」とそんな気持ちになりました。

入場前の軍事博物館が見れないのに9ユーロ!?という気持ちは

すっかり無くなり、着て良かったに変わっていました。


大きな地図で見る

写真ブログ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking