よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

サラトモケでなくサトラモケでもなく、サモトラケのニケ

博物館になる前は宮殿だったため

展示品だけでなく天井の装飾なども美しいのがルーヴル美術館です。

re-DSC01497.jpg

見上げるとこんな天使が彫られていたり

左端の怖いおじさんの顔の彫刻なども面白い。

re-DSC01498.jpg

階段の踊り場にあった木彫りのレリーフ

さっきの彫刻のおじさんに似てますね。

re-DSC01505.jpg

とにかく広すぎるルーヴルの中、

最初に目指したのはこちらの「ミロのビーナス」

後姿も素晴らしい?

re-DSC01508-1.jpg

次はこちらの「サモトラケのニケ

石で作られた大きな台座は船首の形です。

タイタニックのあの船の先端で手を広げるポーズはこのニケの真似だったんですよね。

re-DSC01510.jpg

この近くには

(階段を下りてから、レストラン近くの階段を上ったあたり)

ニケの絵画と思われる天井画がありました。

違ったらすみません。

こんなに元気な雰囲気なのか?ちょっと疑問ですが…

勝利の女神らしいと言えば、らしいような。

re-DSC01511.jpg

ニケ自体は日本でも大人気のようで(私はルーヴルに行くまで知りませんでしたけど)

いたるところ(高校や大学)に複製があるようですが

こんな素晴らしい場所に展示されているのは

おそらくルーヴルだけでしょう。

re-DSC01513.jpg

あとは大人気のダヴィンチのモナリザなど(撮影不可)を見学し 素晴らしい作品たちをただただ通り過ぎ

半日くらいでほぼ全部の階を歩きました。サラリと通り過ぎるのがもったいない! この絵画の大きさだけでも普通なら興奮するんですが。。

re-DSC01519.jpg

ルーヴルの見学を終えて、

最後はダヴィンチ・コードを読んだ、映画をみたという人なら必ずチェックしたい場所。

ガラスの逆ピラミッド。

私の場合、文庫本が発売した2005年の初版を購入し

一冊目のシラスの痛々しい場面でストップしていたのですが

今年2011年に入ってから、もう一度読んでみたところ

免疫が出来ていたのか?

スンナリと3冊を読みきったところです。

半身浴しながらなので本がヨレヨレになりましたけど。。

とりあえず、

こちらで記念撮影をし、次の観光へ進みます。

次はデパートとアーケード(パッサージュ)です 写真ブログ

ブログランキング

FC2 Blog Ranking