よくばりトラベルプランズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

シドニーの絶景ポイント「パイロンルックアウト」への行き方を詳しく説明!

シドニーといえば?…ほとんどの人が思い浮かべるのはオペラハウではないでしょうか。
旅の思い出に直接訪れることはもちろん、日本語ツアーに参加する方もいらっしゃることと思います。


私は建築デザインに興味があるので、ぜひ建物の中も見学したいです。

せっかく日本から9時間半も飛行機に乗って遠くまで行くのですからその土地らしい景色を思い切り楽しみたいですよね。
Sydney Harbour Bridge オーストラリア、シドニーの観光局 公式ホームページ 

オペラハウスのきれいな写真を撮りたい!


オペラハウスの美しい景色を観たい&写真におさめたいという方も
多いはずです。そこで行ってみたいのは「パイロン・ルックアウト」(Pylon lookout)です。


オーストラリア シドニー パイロンルックアウトから見たオペラハウスとサーキュラー・キーなど、パノラマビュー 

パイロンとはハーバーブリッジの支柱のこと

オペラハウスとともにシドニー湾のシンボル的存在のハーバーブリッジは、橋そのものも美しいですが、その支柱には展望台があるんです。パイロン・ルックアウトは「ハーバーブリッジの支柱にある展望台のこと」でとても綺麗な景色を見ることが出来るんです。


例えば、下のパノラマ写真はオペラハウスに近いサーキュラー・キーで撮影した写真です。右側にオペラハウス、中央にハーバーブリッジが見えます。これだけ近いと良い写真はあまり撮れないです。



のぼれる支柱は1本だけ


ハーバーブリッジの石造りの支柱=パイロンは4本ありますが、のぼることが出来るのはロックス(南側)オペラハウス側(東側)1本だけ


  • アクセス方法が意外と難しい
パイロン・ルックアウトの入口までのアクセス方法ですがガイドブックにもそれほど詳しく載っていません。ネットでも検索してみましたが地図や写真付きでの説明が見つかりませんでした。


トリップ・アドバイザーでも「とても時間がかかった」「支柱の下まで間違えて行って引き返した」などの口コミがあって、みなさんそれぞれ苦戦している方がいらっしゃったようですので詳しく書いていきたいと思います。


アーガイル・カットから行ってみる
他からも行くことは出来ますが目印になりやすいロックスのアーガイル・カットからの行き方をご説明します。



アーガイル・カット

「ロックス」という岩だらけの半島にシドニー・コーブ(サーキュラーキー)とミラーズポイント(西側)を結ぶ最短ルートとして古くから利用されていたトンネルです。

このトンネルは囚人達が1843年から16年をかけてハンマーとノミだけで掘られ、切り出した岩はサーキュラーキーの埋め立てに使われました。


ここからクロックタワーの方(東側)進みます。カンバーランドの橋をくぐるとアーガイル・ストリートの北側に「ARGYLE STAIRS」と書かれた階段が見えてきます。



Googleのストリート・ビューで確認すると左側に見えるアーチ型の門が階段です。
(道路の右には木の枝の陰になって見えにくいですがクロック・タワーが見えています)

オーストラリア シドニー パイロンルック・アウト アーガイル・ステアーの入り口(階段)でカンバーランド・ストリートへ出る  オーストラリア シドニー パイロンルック・アウト アーガイル・ステアー(階段)でカンバーランド・ストリートへ出る 


階段のアーチ門にはきちんと「ARGYLE STAIRS」と書かれています。階段は、映画のワンシーンに出てきそうな異国情緒漂う雰囲気で素敵。

この階段をのぼるとカンバーランド・ストリートにでます。



こちらがカンバーランド・ストリートです。先ほどのアーガイルカットが目の前に見えています。
その左側、この位置からだと左ななめ前に階段があります。



BRIDGE STAIRSと書かれた階段です。こちらをのぼります。

オーストラリア シドニー パイロンルックアウトへ行く途中 カンバーランドにあるブリッジ・ステアー  オーストラリア シドニー カンバーランド・ストリートのBRIDGE STAIRSの途中


階段をのぼったらこんな風にオペラハウスが見えます。

s_20160823_2400.jpg  s_20160823_6016.jpg

Cahill Warkの看板の逆へ!

階段の途中で「Cahill Wark」ケイヒル・ウォークの青看板があります。看板は↗右の階段を指していますが、反対の左の階段を上りますこれでハーバーブリッジのパイロン側の歩道に出られたのではないでしょうか。

オーストラリア シドニー パイロン・ルックアウト 入口  オーストラリア シドニー パイロン・ルックアウト 館内


入口はこの看板が目印です


こちらの入口からパイロンの階段をあがり、チケット売り場とお土産さんを通過して、展望台まですぐです!それほど遠くはないはずです。


オーストラリア シドニー パイロンルックアウトからの眺め オペラハウスとフェリーが行き交う 

こちらがパイロンルックアットからの眺めです。私がシドニーのプランを考え始めたときにこちらの展望台からの写真をいくつかのブログやホームページで拝見して「ここは必ずルートに組み込もう!」と決めました。

今回のシドニー旅行の写真でナンバーワンだと思います。

オーストラリア シドニー パイロン・ルックアウトからの眺め ハーバーブリッジとオペラハウス パノラマビュー 
写真を撮るなら、逆光を避けるため午後がおすすめです。
上の写真の橋をはさんで左が逆光、右が順光です。光の角度って重要だと思います。

よく見ると、橋の上を歩いている団体さんも写っています。ブリッジクライムといって、1300段あるハーバーブリッジの階段をてっぺんまでのぼるアトラクションです。2時間15分のエクスプレス・クライム~最長3時間半のコースまで、所要時間は長めです。夜明け、日中、トワイライト、夜間のコースがあってA$228~363とちょっと値段ははりますが高所恐怖症でなければ挑戦してみたいですね。

シドニーハーバーブリッジパイロンルックアウトからの眺め20160823_379

近くから眺めると大迫力のハーバーブリッジです。


にほんブログ村 旅行ブログへ