よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

海外旅行プランを立てると10倍楽しくなる?!

海外旅行のプランを立てることがどんなに旅を楽しくさせるのかをお伝えしたいと思います。

しっかり者の行動派はプラン不要?!
私はウッカリ気質で、せかせかするのが苦手。昔から待ち合わせ時間に遅れがちな性格です。要は世間で言うしっかりしていない方の人間。乗り物に弱いとか、おなかが弱いなど、小柄で体力もないのでどちらかというと、足手まとい的存在?です(笑)自分で書いていて悲しくなってきた!

そんな私ですが、仕事となるとある程度?テキパキこなし、常に効率や早さを考えて動けます。要は目的をしっかり持っていればガンガン動ける性格なのです。

そんな私にとって旅行計画&目的は必須です。
何も決めていなかったらひとつのカフェで3時間でもくつろげますし、食事もスタバやマックでさえ海外らしさを探して十分楽しめちゃいます。ホテルの出発が昼になってもおかしくありません。かなり適当な人間です。

そんな適当人間が旅行をしっかり楽しむためには、リストアップして綿密な計画をすることです。いくつかは実現できませんが、一般的に満足できる旅行が可能になります。


ノープラン&人任せでも楽しいは楽しい!
若いころは軽くガイドブックを調べるくらいでノープラン&なりゆき&人任せで旅を楽しんでいた時期もあり、それはそれで楽しかったのですが、ある旅でいろいろ情報収集をして「安全」に「楽く過ごそう」と真剣に計画してくれた友人に感動してからきちんとプランを立てるようになりました。

友人はワーキングホリデーで1年間海外で過ごした後、バックパッカーで日本まで戻ってきたので色々な経験を積んでいたのでしょう、女性のひとり旅が長いと、「安全面」のために情報収集・プラン作りの大切さを実感していたようです。

nature-1547302_640.jpg 

大切な人が自分の街に遊びに来るならどうする?
例えば自分が住んでいる街に大切な友人が遊びに来るとしたら、どこへ連れて行こうか、何を食べようか、夜遅い時間に周辺を歩いていても安全なのかなど調べておくと思います。

効率よく観光地を回ろうとか、遊んだあとは美味しいくてオシャレなカフェに連れて行こうとか、お店が休みじゃないか、思いつきで入れるレストランではなく予約をしておこうとか、平日行った方が空いていて楽しめるかとか、実はみなさんが一度はしたことがある「おもてなしの精神」がプランを立てるということでもあると思うのです。


柔軟にプラン変更できるくらいの知識を!目的は「楽しむこと」です
そしてそのプランは柔軟に変更できるようにしておくことが大切で、その日の天気や体調も大切ですし、想像以上に楽しくて予定時間を過ぎたりしても、それはそれで良いですよね。

目的は「楽しむこと」なんですから。臨機応変に提案ができるところまで調べてこそ有り難いものです。ガチガチの計画は窮屈に感じる人もいるので少し幅広く調べておきたいですね。

new-zealand-679068_640.jpg 

海外旅行者の長期バカンスとは違う!
日本人の旅行はリゾートビーチでゆっくり1ヶ月間を過ごす(まる一日ホテルのプールで本を読んでくつろいでいる)ような海外の旅行者とは違うので、何も計画せずに充実した旅行が過ごせるほど甘くはなさそうです。

それに案外そんな心からくつろいでいるように見える海外旅行者に限って、その土地の危険地域や安全面も詳しいですし、きちんと情報収集している人が多いように感じます。のほほんとしている私を見て「カメラはすぐにしまった方がいいよ」などと教えてもらったこともあります。その後、忠告通り私はカメラのひったくりに遭遇。(私の大切なCONTAXが…)

そんな事件があると旅は一気に楽しくなくなってしまいますね。事前の情報収取、その国の経済や住んでいる人たちの暮らしを知っておくのも大切で、それが旅の楽しさを向上させるのではないかと思います。


ガイドブックは確認に使う、人に頼りすぎない!
出たとこ勝負では、ガイドブックを見る時間が長かったりしたらもったいないし、いくら語学が堪能だからといって簡単に人に聞きまわったりというのは(親切な人ばかりでありませんし)人の時間をいただくわけですからあまり迷惑にならないようにしたいですよね。

街のインフォメーションや店員さん、係員のような案内することがお仕事になっている人には聞きやすいですね。逆に向こうの方から慣れた調子で話しかけてくるような人には悪い人が多いので気を付けたいところです。もちろん本当に親切心で話しかけて下さる人もたくさんいます。

bagan-1137015_640.jpg 

その場所の歴史や背景を知っておく!
見たい場所を調べておくことは、見るポイントも背景も歴史も少しずつ分かっているので英語が不慣れでも相手の話が理解しやすいですし、相手も興味をもって見に来てくれていることを嬉しく思うでしょう。例えば悲しい歴史の場所で笑顔にピースの写真は似合いませんよね。

その国してはいけない事、ジェスチャーもいろいろあります。日本ではあまり無いのでピンときませんが、私はイタリアのタクシーに乗せてもらうときに、手のひらを相手に見せてのせてもらいましたが、ものすごい不機嫌だなと思っていたら最終的には大声で怒鳴られました。原因がジェスチャーにあったかもしれないことに気が付いたのは旅行後のことでした。


いつも1度きりのチャンスと思って行動する
みなさんも旅行が好きな方なら、よほど気に入った街でない限り同じ街ばかりに行きませんよね。知らない街へも行きたいと思います。またいつでも行けると思っている人でも状況が変われば分かりません。行けなくなる可能性は山ほどあります。ですから海外旅行はいつも1度きりのチャンスだと思って過ごしましょう。


チャンスを逃した話
ほぼ海外旅行のような旅程の小笠原旅行のお話。
数年前にわたしの両親は小笠原諸島へ行きました。ひどい船酔いとたたかいつつ24時間以上もかけてやっとたどり着いた父島。父島の自然を数日楽しみ、その後に大自然が美しくて有名な母島にも行くつもりでした。

母島へは2時間の船旅で予約不要です。両親は東京行きの船乗る前日、母島へ行こうと乗り場へ向かうとその日は往路便のみで日帰りが出来ないため行けませんでした。

「事前に知っていれば往復便が出ている日に遊びに行けたチャンスはいくらでもあったのに」といって残念がっていました。また24時間かけて船に乗ることを考えると小笠原旅行は二度と無さそうです…。少し調べるだけで行けたのに残念ですよね。

new-york-668616_640.jpg 

事前に調べても感動は増すばかり!

その街の素敵な場所、美味しい料理になるべく出会いたい。
中には「行く前にキレイな写真を見てしまったらもったいない」という方もいるのですが、いくら写真で見ても本物には風や香りや音があって、その日その時間の光があって、その一瞬だけ体感できるんです。しっかり調べたからいって残念になることはないでしょう。

行く時間や天候も重要です。例えば雨が降ったら美術館や博物館へ行くなどアレンジも出来ますね。ちょこっと情報をかじって想像だけを膨らませてしまったら失敗する可能性は大きいかもしれません。

mountain-landscape-640617_640.jpg 

海外旅行プランを立てると10倍楽しくなる!


1.素敵な景色に出会える
(素敵な写真の撮影場所を調べると誰でも絶景が撮れる)

2.楽しいことを経験できる
(レンタサイクル、珍しい乗り物に乗る、普段出来ないことを体験)

3.美味しいレストランに入れる
(観光客向けは×、コストパフォーマンス○、店員対応○など調べることもできる)

4.タイミングの良い日時に行ける
(逆光順光は案外大事、日没前後のマジックアワーはどこにいるか)

5.チャンスを逃さない
(予約しないと乗れない、入れない、食べられない、店には休日もある)

6.英会話が不得意でも会話の内容を理解できる
(情報を知っているだけで全然違います)

7.知っている上でたくさんの選択肢から厳選できる
(あとで失敗したと思わない)

8.無駄な時間を作らない
(旅先でガイドブックを読んだり、ネットで調べる時間を最小限にできる)

9.犯罪者に狙われにくい(危険な場所へ行かない、常に周囲に注意をはらう)
(もしかして地元民?と一瞬でも思わせたら勝ち、安全に過ごせる)

10.自分を含めて一緒に行く人の「おもてなし」が出来る
(素敵な景色、美味しいレストラン、時間を有効に使う、交通手段を熟知している、地図が頭に入っている、情報収集で得た知識からモノの見るポイントが分かる)

living-room-581073_640.jpg 

わたしのプランの立て方
①ガイドブックを一読(2冊くらい)
トリップアドバイザー、フォートラベルなどのチェック
③現地在住者、旅行者のブログなどをチェック
④行きたい場所をリストアップ
⑤グーグルマップにお気に入りに登録する(地図に印をつけていく) 
⑥まわれる場所を絞り込む
⑦空港-ホテル-行きたい場所 間の移動手段を調べる
⑧現地のグルメ、交通機関のアプリをダウンロード
⑨レストランをチェック、必要があれば予約
⑩各お店やレジャー施設のお得な情報を調べる
⑪必要があれば現地ツアーなどを予約する

もっと良いやり方があると思いますが、今のところはこんな感じでプランニングしています。



そして大切にしているのは、プランに振り回されないということです。
思いがけず立ち寄った場所、偶然出会った人に教えてもらった場所が素晴らしいことも多いです。

「プランを立てるのが嫌、時間に追われたくない」という方に、綿密なプランを立てていることを嫌がられることがあるのですが、きっとしっかりした方なんだと思います。

適当人間の私はプランはプランと割り切って、実現できないとはじめから思っているので^^;時間に追われているという感覚はないんですよね。


にほんブログ村 旅行ブログへ