よくばりトラベルプランズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

②SFCを満喫! 「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 別府 鉄輪 地獄めぐり&明礬温泉 岡本屋

①SFCを満喫! 「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 からのつづきです。

大分県の「別府地獄めぐり」を楽しみます!

地獄とは…温泉噴出口のこと。人が近づくことができないほどの高温、100度前後の噴気、熱湯、熱泥が地面から噴出している場所を古くから地獄と呼んでいます。

地獄めぐりを楽しむための準備
■足湯に入れるように、服装はストッキングやタイツではなくソックスにする

■タオルを持参する

別府地獄組合
http://www.beppu-jigoku.com/

「べっぷ地獄めぐり」は7地獄ありますが、国指定名勝は「海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄」の4地獄が指定されています。大分県内にある名勝としては耶馬渓(やばけい)に次いで2件目、この4地獄を優先してまわるといいかもしれません。
(私は下調べもほどほどに行ったので名勝は1つしか見られませんでした)

別府地獄めぐり7地獄 

入場料は各400円ですが、5ヶ所以上見学する場合は2000円の「地獄めぐり」チケットがお得です。割引チケットもあります。

べっぷ地獄めぐり割引チケット
別府地獄組合の割引ページ

鉄輪(かんなわ)エリアを楽しむ

湯治場としての面影を残すエリア。種類豊富な温泉施設、温泉蒸気を利用した地獄釜を使った体験型の蒸し工房で料理を楽しむこともできる趣のある温泉街です。

鉄輪には地獄めぐりの7つのうち5つの地獄が集まっているため、今回はこちらで「べっぷ地獄めぐり」の3つを見学しました。

10:30 1.かまど地獄
大分別府かまど地獄oita

池の色はある日突然変わったり、年々変化していったりするようですがこちらで茶、赤、乳白色、ブルー、泥の池を一気に見学することができました。足湯もあります。

11:00 2.鬼石坊主地獄
鬼石坊主地獄 oita

灰色の熱泥が沸騰する坊主地獄はお庭もきれいで観光客が少く静かでした。寒くなければもっとゆっくりしたかったです。こちらの足湯は空いていました。

鬼石坊主地獄の奥には日帰り入浴施設の「鬼石の湯」があるので利用するのも良いですね。

11:20 3.海地獄
国指定名勝 海地獄 oita

国指定名勝の海地獄はコバルトブルーの美しい熱泉、いままでに見学した地獄と比べて噴出する回数勢いに迫力があり興味深かったです。白い湯煙の中を歩くと細かい霧が降りかかって服が若干濡れますが楽しくて2周してしまいました。こちらにも足湯がありましたがとても混雑していたので、ゆっくり浸かるならお隣の鬼石坊主地獄がオススメです。

地獄名物 極楽まんじゅう 海地獄oita1

海地獄名物の小さな「極楽饅頭」も食べて見たかったのですが、後ろ髪ひかれつつも駐車場へ戻ります。

鉄輪01山茶花12161140IMG_6159

駐車場近くの公園にはきれいに花が咲いていました。山茶花でしょうか。地獄めぐりを楽しんでお腹が空いて来たのでランチのお店へ向かいます。

12:00 亀正くるくる寿司へ
亀正くるくる寿司 大分 別府大学oita1

超人気店なのにお昼の12時に到着してしまいました。駐車場はなんとかギリギリ入る事ができましたが、待合のスペースはいっぱい。順番待ちの紙に名前を書いて車の中で10分、待合スペースで30分、席に通してもらうまで合計40分も待ちました

亀正くるくる寿司 大分 別府大学黒板メニュー0112170217IMG_9170

お店は11:00オープンですが12:40にはすでに売り切れのものもありました。季節により取扱いのないものがあるので手元のメニューではなく、この黒板メニューを見て注文する方が簡単です。

亀正くるくる寿司 大分 別府大学 寿司oita2

黒板メニューの右上にある赤いラインで縁取られた数量限定の3つ、関あじ、関さば、中トロはどれも絶品!お皿が大きめなので写真だとわかりにくいのですが、とにかくネタが大きくてどれも新鮮で美味しかったです。

回転寿司のお値段でこれだけのお寿司が食べられるとなれば待ち時間が長いのも納得。お腹いっぱいになったので今度は日帰り温泉旅館へ移動します。

14:00 明礬温泉 岡本屋旅館
大分明礬温泉 岡本屋旅館oita3

別府市の高台にある明礬(みょうばん)温泉でもっとも歴史ある創業明治8年の旅館、岡本屋さんへ。混雑時は宿泊客優先のため外来入浴できないこともあります。
外来入浴:13~15時 800円

岡本屋明礬温泉女湯oita3

ほかに誰も入っていないとのことだったので受付で撮影の許可をとりこの青磁色の美しい露天風呂を写すことができました。ザボンが浮かんでいてこの天気も最高でしあわせです。

岡本屋明礬温泉男湯oita4

男湯もすぐにひとりになったようで、この美しいお風呂をひとり占めだったそう。コンクリートアーチ橋の別府明礬橋が見えてこちらも絶景。

ポカポカにあたたまったところで岡本屋旅館から坂をのぼって売店へ

14:40 岡本屋売店
明礬温泉 岡本屋売店 地獄蒸しプリンoita3

カスタードとコーヒーの地獄蒸しプリン。これがとっても美味しかった。翌日もう一度食べたくて時間がないのに行こうかと悩んだくらいです。
地獄蒸しプリン 260円

14:50 藁葺き屋根の湯の花小屋を見学
湯の花小屋 明礬地獄 oita

この日は明礬地獄が作業中で小屋の内部を見学できず残念でしたが、売店近くの湯の花小屋を外から眺めただけでも「湯の花」を買って帰りたくなりました。

天然の入浴剤である湯の花の製造は、この小屋の中で1ヶ月~2ヶ月かけて化学反応をおこし結晶化させたものを採取、精製、乾燥して作られています。

別府明礬温泉 湯の花 oita

湯の花は岡本屋売店では買わず、ラッピングが可愛かった岡本屋旅館内で購入しました。
別府明礬温泉湯の花 5回分 500円

ANAで行く1泊2日大分旅行へ つづきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ