よくばりトラベルプランズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

③SFCを満喫!「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 竹瓦温泉&OitaMade+友永パン&OPAM

別府 鉄輪 地獄めぐり&明礬温泉 岡本屋 のつづきです。

明礬温泉から別府駅周辺の「別府温泉エリア」へ移動します。向かう途中の景色が海まで見渡せてとても気持ちよかったです。

明礬温泉からの眺め12161507IMG_6213

15:30 竹瓦温泉を見学
竹瓦温泉 別府oita

竹瓦温泉、明治12年建造の重厚な和風建築はひと目見ておきたいと思っていました。受付の方に許可をいただき内部も見学できました。照明も可愛くて素敵。

砂湯、砂風呂といえば指宿の名物だと思っていたのですが大分の別府で古くから親しまれていたんですね。ちなみに指宿では「砂むし」と呼ばれているようです。

15:45 「Oita Made」ショップでお土産を購入
oitaMade.jpg
http://oitamade.asia/

プランには入っていなかったのですが偶然、OitaMadeという大分県産のものにこだわったお店を発見しました。
OitaMadeおみやげ
こちらでは「大分かぼすグミ」と「櫛野柚子ごしょう」を選びました。
かぼすグミ:350円 ゆずごしょう:400円

16:00 友永パン屋
別府 友永パン屋oita
創業大正五年の友永パン屋さんは大分県で一番古いパン屋さん。昔懐かしい素朴なパンが店内に並んでいます。こしあん、チョコレート、クリーム、バターフランスを買って帰りましたがどれもペロリと軽くいただけちゃいました。本当にフワフワもちもちでまた食べたくなる美味しさです。

パンを食べながら別府温泉エリアから大分市内へ車で30分程度の移動しました。

16:40 OPAM 大分県立美術館
OPAMHP.png
http://www.opam.jp/
OPAMHP.jpg

建築デザインは坂茂建築設計・パートナーの平賀信孝氏。南側のファサードは全面、開閉可能なガラス水平折戸となっていて開放的なつくりになっています。

大分県立美術館OPAM oita

エントランス近くの螺旋状の階段とエレベーターとOPAMの看板は記念撮影が楽しいですし、館内も無料でアートを楽しむことができ写真撮影も自由です。

マルセル・ワンダース ユーラシアン・ガーデン・スピリット oita

「ユーラシアン・ガーデン・スピリット」
1階に約4メートルの卵型バルーンが展示されています。オランダのアムステルダムを拠点に世界的に活躍する、マルセル・ワンダースさんの作品で、風などで揺れるつくりになっています。

須藤玲子ユーラシアの庭「水分峠の水草」oita

ユーラシアの庭「水分峠の水草
カフェの上にあるシャンデリアはテキスタイルデザイナーの須藤玲子さんの作品で、こちらも風にそよぐつくりになっています。これほど巨大なのにまったく圧迫感なく優しく包み込むような雰囲気が素敵だと思いました。

ミヤマケイ大分観光壁 oita

 大分観光壁「世界は届けい」「水府 覆水難収」など
ミヤマケイさんの作品は4つあり、それぞれ「これは何を表現しているのかな」と考えるのが面白かったです。

天庭oita 

「天庭(あまにわ)」
3階の吹き抜けには3名の作品が並べられています。徳丸鏡子さんの白い陶器でつくられた複雑なデザインのお花、礒﨑真理子さんの赤と黄色の野菜や果物、花のカラフルなオブジェ、ガラス工芸作家の高橋禎彦さんの透明なガラス玉たち。

他にも1階アトリウムにはOPAMミュージアムショップがあります。

OPAMミュージアムショプoita

豊泉堂さんの大分県の郷土玩具をモチーフにした土鈴人形がとても可愛いかったです。上からみるとカウンターはショップの「S」の形をしています。

1F CAFE Charite oita
café Charité
1階と2階にはカフェ・シャリテがあります。1階はドリンクのみのサービスです。上から見るとカウンターもテーブルもカフェの「C」の文字になっていて可愛い。カラフルな椅子は紙管と合板で作られていて軽いのでレイアウトを自由に楽しんでいました。

2F CAFE Charite oita1 

2階のカフェ・シャリテではランチセット、デザートなどを楽しめます。こちらも坂茂建築設計のカルタ シリーズの紙管と合板でつくられた椅子やベンチ、パーティションなどを使っています。

営業時間は終了していましたがメニューを見ると大分産の素材を使った料理が多くて美味しそうでした。

OPAM ブリッジなどoita

他にもインフォメーションデスクが「はてな」のかたちをしていたりと楽しい空間になっていました。

SFCを満喫!「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 へつづきます。


にほんブログ村 旅行ブログへ