よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

はじめての上海旅行 上海公共交通ICカード、ジャオトンカーを浦東国際空港で手に入れよう!空港⇔市内の移動はリニアモーターカー+地下鉄でOK!

上海市内の観光、空港からの移動に便利なのは

「上海公共交通卡」ジャオトン・カー、交通ICカードです。

 

正式にはシャンハイ・ゴンゴン・ジャオトンカー。

このカードで市内のリニアモーターカー、地下鉄、タクシー、フェリー、バスに乗れちゃうだけでなく一部割引料金で乗車できるという便利なカードです。

はじめての上海旅行 下調べ ③中国のインターネット規制(GFW)について

上海のネット環境は…ほかの国とは異なります。
 
中国政府の規制がかかり、一部の検索&閲覧ができなかったり、スマホのアプリなどが利用できなかったりするんです。
 
旅行中使えないと特に不便を感じるのは Google Map Google Search、LINEでしょうか。これは正直言って困ります。

internet_earth.png

規制を回避するための方法は3つ
①各キャリアの定額サービスを利用する 
 Softbank パケットし放題、Docomo とことん使いホーダイ、au 世界データ定額
SIMフリーなら香港SIMを利用する
WiFiレンタルVPN付きを借りる

続きを読む

はじめての上海旅行 下調べ ②大気汚染 PM2.5などをチェック

中国の大気汚染問題は日本に住んでいても気になりますが、滞在するとなれば24時間その空気を吸うことになるのでなおさら知っておきたいですよね。

先月の香港旅行で、のどの調子がイマイチ良くなかったのも、晴れているのに街全体に白いモヤがかかっていて景色を十分に楽しめなかったのも、たぶんアレがソレなんでしょうね。

世界の大気汚染を指数で表示してくれるウェブページを見つけたのでメモしておきます。


上海大気汚染指数
大気汚染リアルタイム大気質指標(AQI)

実は同時に日本もチェックできるんですね。日本も意外と大気汚染の数値が高い地域があることをあらためて知り少しショックを受けました。

とりあえず上海は中国の中では汚染度合いは低めようなので今のところ安心しました。

ただ風向きとか天気によってはひどくなる日もあるでしょうしどこまで信用できるサイトなのかも不明ですが、また直前にチェックしてみたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログへ


はじめての上海旅行 下調べ ①中国の漢字は「簡体字」

上海(中国)で使われている漢字
ガイドブックを2冊さらっと読み、ネットで下調べを開始してはじめて知った「けっこう重要なこと」は上海の公共交通機関の看板や案内などで使われている言語表示は「簡体字」のみということです。

漢字辞書など

さすがに日本語の漢字とは違うということは理解していたのですが、だいたい想像できる範囲の違いで相互理解可能な程度かと思い込んでました。

全く面影のない文字がある
例えば空港の「浦東」は「浦东」となり、リニアモーターカーの到着駅、乗換駅の「龍陽路」は「龙阳路」となります。日本語で覚えていたら後者は全くわかりません。

漢字の種類
中国とシンガポール簡体字
香港と台湾はは繁体字
日本の漢字は新体字

ガイドブックの問題
香港のガイドブックは「繁体字のみ」の掲載で分かりやすかったのですが、上海のガイドブックには日本語と簡体字が並んで書いてあるという点が難解にしている原因。そして中国語は簡体字ということが当たり前のこと過ぎて、ガイドブックすら書くことを忘れてるんです。

ガイドブックも旅行ナビ的なウェブページでも、言語は「漢語の中の普通語=北京語と上海語」などと書いてあり、話せる人用の説明です。中国の読みも分からない人にとっては見て分かる文字が重要なのに…。

私のように中国初心者には重要ポイントなので気が付いて良かった!です。

shodo_fude01.png 

iPhoneで読めない中国語(簡体字)を入力する
旅行先で使用する「iPhoneの手書きキーボード入力」はあると便利なので追加しておきたいですね。設定は簡単でアプリのインストールなどの必要はありません。

iPhone6Sの画面なので異なる部分もあるかと思いますが載せておきます。
設定
IMG_7653.png
一般
IMG_7654.png
キーボード(少し下の方にあります)
IMG_7655.png
キーボード
IMG_7656.png
新しいキーボードの追加
IMG_7657.png
簡体字中国語-手書き」を選択します。
不要になったら「編集」でいつでも削除可能です


PCで読めない中国語(簡体字)を入力する
ちなみにこの簡体字をPCで手書き入力するには、IMEの手書きアプレット追加で「hand writing(ZH CH)」を有効にする必要があるのですがこれが簡単ではありませんでした。

IME2010の中国語をインストールしたり、シンガポールの中国語をONにしたりと、いろいろ設定を変更してなんとか可能になりました。(何を変更して出来たのかもはや不明)


レストランやショップの口コミを確認する
簡体字を入力できるようになったら、ガイドブックに掲載されている店名を入力して、レストランの口コミなど見てみたりしたいです。今はWEBページの翻訳は簡単なので検索さえできれば知ることが出来ますよね。

dianpingcomapp.png 

今回は「大众点评」dianping.comという中国で人気のグルメアプリをダウンロードしてみたのでいろいろ検索してみたいと思います。信用できるかどうかは行ってみるまで全くわかりませんが^^;


にほんブログ村 旅行ブログへ


④SFCを満喫!「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 CITY SPA てんくう&アミュプラザ大分→伊丹空港

③SFCを満喫!「九州ふっこう割」ANAで行く1泊2日大分旅行 
竹瓦温泉&OitaMade+友永パン&OPAM のつづきの最終回です。

大分駅JR大分シティアミュプラザにあるホテル指定の駐車場に車を止めてチェックイン。ホテル宿泊者の駐車料金は1泊1000円です。

アミュプラザには紀伊國屋書店、TOHOシネマズ、東急ハンズ、様々なファッションブランドも入っていて普通にショッピングが楽しそうですが、お土産ショップのスペースが大きいので旅行者にとってもありがたい存在です。

JRおおいたシティアミュプラザおおいた
http://www.jroitacity.jp/amu/

17:40 JR九州ホテル ブラッサム大分
JR九州ホテル ブラッサム大分oita

宿泊した部屋は広くありませんでが新しいので綺麗ですし、インテリアに木製のものが多くて居心地はなかなかでした。

お腹が空いてきたので夕食へ出かけます。
予定では「五十六屋」という居酒屋さんで食事するつもりだったのですが、思いのほかランチのお寿司で魚介&海鮮はお腹いっぱいになってしまったので、定食屋さんへ出かけました。

19:30 驛亭
大分AMUPLAZA驛亭 oita

駅ビルのアミュプラザにある驛亭へ。こちらでいただいた豊後定食は大分名物の「とり天」と「だんご汁」両方楽しめる定食セット。揚げたてのとり天もあつあつのだんご汁もとても美味しくて大満足。

20:00 AMU PLAZA OITA
アミュプラザ大分 大分からあげ oita

アミュプラザ1階にある「ポッポおじさんの大分からあげ」で唐揚げととりかわサクサク揚げを購入。さすが本場大分の唐揚げはとても美味しかったですし、とりかわもおつまみに最適です。機会があれば大分の中津エリアで唐揚げめぐりもしてみたい。

但馬屋老舗
http://www.tajimaya-roho.co.jp/

「豊後にわさき市場」で但馬屋さんの「三笠野・荒城の月」もお土産に。
1807年創業の大分県で一番古い和菓子舗、竹田市にある但馬屋老舗はいつか行ってみたいお店。大分市内なら「トキハ」デパート内に菓寮があったことを、この記事を書いている時に知り「行きたかったなぁ」とちょっと後悔。

大分土産oita

ほかにもアミュプラザ1階にあるスーパーマーケットの「コープおおいた」で自宅用に柚子みそ、柚子胡椒、ざぼん漬など。

コープおおいたoita

中でも南光物産の名誉総裁賞受賞の「ざぼん」は柑橘の爽やかな酸味とピールのほろ苦さとお砂糖の甘さが後を引く美味しさ。小さなパッケージに入っていて200円程度とお手頃です。

お腹もいっぱいになったので楽しみにしていた温泉へ。

9:00 CITY SPA てんくうへ
CITY SPA てんくう
http://www.cityspatenku.jp/

このホテルで一番楽しみにしていたのは「CITY SPA てんくう」地上80mの大分の絶景を楽しめる展望風呂で、天然温泉・高濃度炭酸泉が楽しめます。ホテル宿泊者は無料で何度でも利用できます。

11:00~24:00の通常営業時間は、日帰り温泉として一般の方でも楽しめます。
入浴料金 ヒーリングプラン:1,900円 入浴プラン:1,500円

CITY SPA てんくう露天風呂21F 

露天風呂は専用の湯浴衣(ゆあみぎ)を着用して入るので明るい時間も安心です。夜は夜景が綺麗ですし、特に宿泊者のみ入ることができる早朝は格別。

6:30 CITY SPA てんくう
大分駅ビルアミュプラザ12180204IMG_9271

オススメは展望風呂から朝日を見ること。山や街に少しずつ日が差して海もキラキラ輝き出す美しい景色はとても素晴らしかったのでぜひ。
ホテル宿泊客 専用 営業時間 6:00〜9:30

チェックアウトして、ホテルフロント・ロビー直結の屋上ひろばに出てみました。

9:30 アミュプラザ・シティ屋上ひろば
鉄道神社大分駅oita

こちらには鉄道神社があり、小さな表参道までつくられていて可愛いかったです。縮小した九州の上で電車ごっこをしている銅像は奈良の「せんとくん」と同じ作者の作品だそうです。よく見るとお顔が似ています。

鉄道神社は帰ってから調べてみると、大分市にある国指定重要文化財である豊後一ノ宮・柞原八幡宮(やすはらはちまんぐう)の由緒ある分霊で、旅の安全や出世開運などの御利益があるそう。

大分駅から大分空港まで車で移動。海沿いの国道10号線大分空港道路を利用して1時間10分程度です。レンタカーを返却して空港へ。

11:00 大分空港
大分空港oita

大分空港の搭乗ゲートのある2階は光を取り込むガラス張りで気持ち良いつくりになっていました。到着ロビーのある1階の足湯のことをすっかり忘れていましたが、この時間なら利用出来たのでちょっと惜しいことをしました。

11:20 和風レストラン なゝ瀬
大分空港レストランなな瀬りゅうきゅう丼、とり天Desktop

こちらでも大分の郷土料理の「とり天」と「りゅうきゅう丼」を頂きました。
揚げたてのぷりぷりの「とり天定食」 900円は間違い無し安定の美味しさ。

こちらの「りゅうきゅう丼」1,280円はカンパチ、脂ののったお刺身とタレが絶妙。空港のレストランでこのお値段、鮮度、美味しさには驚きました。さすが大分です。

「りゅうきゅう丼」とは
新鮮な魚の刺し身(ブリ、サバ、アジなど)を、九州の甘口醤油、酒、みりん、生姜、ゴマなどを合わせたタレに漬け込み、アツアツご飯の上にのせた丼。薬味の刻みネギなどを加えていただきます。

もとは手早く船上で食べられる料理として漁師が食べていた「漁師めし」だそうで、あつめし(温飯)とも言われ、魚がマグロの場合は「ひゅうが丼」と呼ばれます。

11:40 大分空港の売店で買い物
大分空港 柚子こしょうoita

こちらの売店は柚子こしょうの種類が豊富で自分好みのものに出会えそうでした。今のところ2年前の福岡旅行で買って帰った「木の花ガルテン ゆずこしょう」がナンバーワンで、それを超えるものには出会えていません。

SFCの楽しみでもある空港ラウンジの利用ですが大分空港にはANA LOUNGEはないのでカードラウンジに入ってみました。

11:50 ラウンジ くにさき
くにさきラウンジ大分空港 カードラウンジ oita

ラウンジくにさきは保安検査場通過後の搭乗待合室内にあります。
飲み物はカップ式自動販売機のみでちょっぴり残念でしたが、大分の豊かな森をコンセプトとした室内は大きな木の下にいるようなデザインが素敵でした。

12:15 ANA NH1688 大分空港 出発
大分空港 ANA NH1688 プロペラ機 ボンバルディアDHC8 Q400 oita

なんと帰りは揺れが予想されるプロペラ機でちょっと焦りました。天気が良いのが救いです。

ボンバルディアDHC8-Q400は翼が胴体上部に取り付けられているため視界が遮られず空からの景色を楽しむことができるのは嬉しいですね。

プロペラ機 ボンバルディアDHC8 Q40012180204IMG_9294

案の定揺れましたが、しっかり空の上からの眺めを楽しみました。

12:45 ANA SKY SHOPでショッピング
ANA MY CHOICE カファレルoita 

ANAカードで支払うと10%OFFになる機内販売で、カファレルのチョコレートアソートをお持ち帰り。

13:10 伊丹空港 到着
伊丹空港 アクタス oita

伊丹空港ACTUSは広くて見やすいのでウインドウショッピング。いろいろ可愛いものを発見しました。インテリア・雑貨好きなので見るだけでも楽しい。

①大分旅行記にも記載しましたが、伊丹空港発着の国内線を利用する場合、アメックスのカードホルダーならミールクーポンを利用できます。アメックスのデスクでクレジットカードと航空券を提示してミールクーポン券をいただき、展望レストランへ。

14:00 展望レストラン 収穫祭
展望レストラン 収穫祭 パスタランチ 伊丹空港

飛行機の発着を眺めながら、無料で美味しくパスタランチを頂きました。
夫婦で国内旅行のたびに往復で利用すると1回約4000円分の料理をタダでいただけるのですから、アメックスの年会費は安く感じてしまいます。アメックスカードホルダーの方は忘れずに利用したいですね。

特別な贅沢なしの大分旅行でしたが美味しくて楽しくていい湯で人も親切で優しい人が多く、いい旅でした。大分が大好きになってしまいました。今度は由布院耶馬渓あたりも行ってみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログへ