よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

シドニーのQVBは世界で最も美しいショッピングセンター!

オーストラリア、シドニーの中心部、タウンホール(Town Hall)駅の上に建つ、クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building(通称QVB キュー・ブイ・ビー)は古い建築様式で設計された壮大なショッピングセンターです。その建造物の美しさから「世界で最も美しいショッピングセンター」とも言われています。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building グレート・オーストラリアン・クロック  

東西にシドニーのメインストリート「ジョージ」と「ヨーク」ストリート、南北には「マーケット」と「ドルゥーイット」ストリートと、ビルの四方をシドニーの街のメインストリートに囲まれた一角を占め、建物は幅30メートル、全長190メートルのアーケードが続く大きな建造物です。

現在は地下2階、地上4階建ての建物に200以上の店舗が入り、オーストラリアのショップ、ブティック、カフェ、レストランが一堂に集合しています。QVBにはその名のイメージ通り、世界の名だたるブランドやジュエリー店などが入り、ビル内には専門のコンシェルジェも常駐していて、ギフト探しのお手伝いやなどのサービスを受付けてくれる一流デパートです。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 美しいステンドグラス  

一方、地下には軽い朝食やランチが楽しめるカジュアルなレストラン、アクセサリー店、雑貨屋など気軽に入れるお店もたくさんあります。オーストラリアのプライベートブランド路面店のほか、ここに支店を出すブティックが多いので時間がない観光客にはもってこい。観光しながらショッピングも楽しめる場所になっています。もちろん観光客だけでなく在住者にも人気のショッピングモールです。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building グレートオーストラリアンクロック  

QVBの歴史
QVBは1898年、屋内市場の跡地に都市建築家の「ジョージ・マクレー」により設計されました。ヴィクトリア女王の「ダイヤモンド・ジュビリー」(即位60年記念式典)を祝い、内装は贅沢なビクトリア様式で、外観ファサードは精巧なロマネスク建築のデザイン、アーケード上部のガラスドーム、銅で出来たたまねぎ型のキューポラ、美しいステンドグラスの窓、華麗なアイアンレースのらせん階段、外壁の玄武岩、大理石のモザイクタイル、中央の大ドーム型の吹き抜け天井など、豪華な装飾が数多く施されています。(ヴィクトリア女王の即位は1837年:当時18歳)

当初は厳しい不況にあったシドニーの職人を採用することが計画され、テーラー(仕立て屋)、マーサー(絹織物)、美容院や花屋、コンサートホール、コーヒーショップ、オフィス、ショールーム、倉庫などが入りました。その後、都市機能のニーズに合わせて、コンサートホール、市立図書館やオフィスへと変化しました。


QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 中央の大ドーム型の吹き抜け天井  

1930年代には大掛かりな改修が行われてシドニー市役所となりました。以後1959年から1971年にはは、老朽化の問題により解体の危機にありましたが、1980年代初めに大規模な改修プロジェクトが施行され豪華なショッピングギャラリーとしてリニューアルオープンすることが出来ました。再びオープンしたのは1986年のことです。

最近でも2009年に大規模な改修が実施され、すべてのエスカレーター、エレベーター、階段の手すり、カーペットの交換または修理がなされ、壁も塗り替えられました。
この補修により建物は「ジョージ・マクレー」の当時の設計を再現、アーチ部分、ステンドグラス、石張りの床などの、内部の細部に至るまで入念に復元されました。特に19世紀当時のままの階段は必見で、だれもが心ときめかずにはいられませんが、他にも貴重な歴史がたくさん残っています。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 1階 グランドフロア  

二つの大きな吊り機械時計も見たい!
アーケードのガラス天井の下に大きな吊り時計が二種類あります。

①ロイヤル・クロック
南側の時計は1982年にニール・グラッサーによって設計されたもので、朝9時から夜9時まで、毎時0分に、仕掛けが動いて買い物客の目を楽しませてくれています。仕掛けのストーリーは1215年に国王ジョン王が「マグナ・カルタ」に署名する場面を表しています。
マグナ・カルタとは「イングランドの自由の大憲章」のことで、民主主義の礎「基本的人権立憲主義」の出発点となった重要文書です。何百年もかけて王政から民主主義への大きく歴史が動いたターニングポイントのひとつとして知られています。

②グレート・オーストラリアン・クロック
北側のクリス・クックによって設計されたグレートオーストラリアンクロックは、高さ10メートル、総重量4トン、世界最大級の吊り時計です。制作に1.5億円と4年の歳月をかけられた作品です。アボリジニ時代とヨーロッパ統治時代の両方の歴史視点を描いた絵画・ジオラマ33シーンが施されています。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building ロイヤル・クロック  


ヴィクトリア女王からの未開封の手紙

QVB内に展示されているものの中ででその価値を強く裏付けるのはエリザベス2世の手紙でしょうか。1986年にシドニー市民宛てに書かれたもので現在「未開封」です。2085年に未来のシドニー市長が開封して市民に内容を読み上げることになっています。私は内容を知ることが出来なさそうな年代ですが、それでもわくわくしますね。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 南の入口 ヴィクトリア女王の銅像  

ヴィクトリア女王銅像
タウンホールの市庁舎にに面したQVBの南ファサード(入り口)にはヴィクトリア女王銅像が目印シドニーで最もにぎやかなスポットのひとつで、待ち合わせ場所としてもよく利用されている渋谷のハチ公的な存在です。


この銅像には逸話があります。このブロンズ像はアイルランドのアーティスト「ジョン・ヒューズ」によって1908年に制作され、当初アイルランドのダブリン国会議事堂前に置かれていました。
1937年英国から独立した際に市民からこの銅像を撤去を望む運動がおこり、1947年には取り除くことが決定、その後は王立病院の倉庫に荷馬車ごと保管されていました。40年以上もの長い間、倉庫に眠っていた銅像は、1980年代半ばに日の目を見ることとなりました。それはQVBの大規模改修が行われた際にその会社がビクトリア女王の彫像を探しはじめたからです。

アイルランドではこの銅像の処理に困っていたことから、これをオーストラリアへ移動してQVBの前に設置することになりました。長い間倉庫に眠っていた銅像がまた注目される日が来て作者は喜んでいるかもしれませんね。

QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 外観  

ペットのスカイ・テリア
このヴィクトリア女王の近くにはシドニーの彫刻家「ジャスティン・ロブソン」が制作した女王お気に入りのペットの犬、スカイ・テリアIslay」アイラもいます。この犬の像の前に立ったり、噴水にお金を入れると犬が話す仕掛けになっていますのでチェックしてみたいですよね。この噴水で集められたお金は体の不自由な子供たちへの基金として役立てられています。

QVBの歴史タイムライン
1810年 知事マッコーリーは、この土地を市場の場所と指定
1820年 食料品を扱う青果市場、十字型のグリーンウェイのマーケットハウスとなる
1828年 中央警察裁判所の警察オフィスと治安判事裁判所に変更
1829年 この敷地を市場広場として設定することを公表
1869年 市場全体に屋根が付きアーケード市場となる
1887年 ジョージ・マクレーが建築家として任命
1888年 新しいジョージストリートマーケット
1893年 サイトの作業は、掘削の一部で開始します。
1894年 上部構造が始まります。
1896年 建物の完了に近づきます。
1897年 「the Queen Victoria Markets Building」と命名
1918年 名称を現在の「クイーン・ビクトリア・ビルディング」に変更
1934-1938年 改造後にシドニー市役所となる
1959年 市会議員ジェンセン、QVBの解体を提案
1964年 タレットは、各マイナードームの底部から除去されています。
1971年 市長エメットマクダーモット QVBの改修に向けて協議
1976年 入札はQVBの復元にプロジェクトの入札
1978年 ヒルトン爆破事件、QVBのガラス破損
1979年 ガラスの交換(ヒルトン爆弾爆発による)マイナードームの復元:銅職人
1980年 シドニー市議会はQVBの回復のための企業募集
1982年 マレーシア会社のイポー株式会社は大規模な修復プロジェクト入札
1983年 QVB理事会はイポー株式会社に99年間のリースを付与、復元プログラムを契約
1984年 復元が開始
1986年 QVB OPEN
1998年 100周年記念
2000年 QVBボールルームはカフェに復元
2008年 建物48メートル改修開始
2009年 エスカレーター、エレベーター、壁面塗装、手すり、カーペット、看板、トイレ


QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building UGG

QVBに入る気になるブランド

・AVEDA アヴェダ(オーガニックのスキンケアブランド)
・BALLY バリー(1851年からの歴史をもつスイスブランド)
CALVIN KLEIN UNDERWEAR カルバンクラインのアンダーウェア
 (1982年に誕生した世界初のデザイナーズ・アンダーウェア)
・COACH コーチ(ニューヨークを代表するライフスタイルブランド)
・CRABTREE & EVELYN クラブツリー&イヴリン(英国のフレグランス)
FURLA フルラ(イタリアンライフスタイルブランド)
・HAIGH'S CHOCOLATES ヘイグス・チョコレート(オーストラリア発のチョコレート)
・HELEN KAMINSKI ヘレンカミンスキー(オーストラリアブランド 天然素材の帽子)
・KIEHL'S キールズ (1800年代にニューヨークの調剤薬局から創業天然由来スキンケア用品)
・L'OCCITANE ロクシタン(植物原料をベースとするスキンケアブランド 南仏・プロヴァンス
・LONGCHAMP ロンシャン(パリ誕生のバッグ)
・MICHAEL KORS マイケルコース (アメリカのラグジュアリーライフスタイルブランド)
・NINE WEST ナインウエスト(アメリカニューヨークの婦人靴ブランド)
・PERFECT POTION パーフェクトポーション(オーストラリア発のスキンケア)
・T2 ティーツー (オーストラリアの紅茶専門店)
・UGG AUSTRALIA アグ・オーストラリア(ムートンブーツなどのシューズブランド)
・VICTORIA'S SECRET ヴィクトリア・シークレット(米国発のレディースアンダーウェア)


QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building グレート・オーストラリアン・クロック  

営業時間 TRADING HOURS
・地下&1階(LOWER GROUND & GROUND)
月曜:9:00 - 18:00
火曜:9:00 - 18:00
水曜:9:00 - 18:00
木曜:9:00 - 21:00
金曜:9:00 - 18:00
土曜:9:00 - 18:00
日曜と祝日:11:00 - 17:00

・2階&3階(LEVEL 1 & LEVEL 2)
月曜:10:00 - 18:00
火曜:10:00 - 18:00
水曜:10:00 - 18:00
木曜:10:00 - 21:00
金曜:10:00 - 18:00
土曜:10:00 - 18:00
日曜と祝日:11:00 - 17:00


QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building 外観 駅と直結  

QVBでは建物のガイド付きツアーに参加することができますので英語が堪能で建築に興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

QVB TOURS


QVB クイーン・ビクトリア・ビルディング The Queen Victoria Building ガイドツアー  

QVBガイドツアー(QVB GUIDED TOURS)
QVBの歴史や魅力、壮大さを堪能するガイドツアーがあります。地階のコンシェルジェのデスク前からガイドツアーが出発。ビルの歴史や芸術品の細部まで詳しく案内してくれます。ツアーへの参加は事前の予約が必要です。主なハイライトは繊細なステンドグラスと吊り機械時計など。
料金:A$15.00
所要時間:45分
ツアー時間:火曜・木曜・土曜 午前11時半
要予約:QVBコンシェルジュ

ハイティーツアー(HIGH TEA TOUR)
QVBの歴史ガイドツアーの後にハイティーを楽しめるツアーです。
ティールームでエレガントで美味しいハイティーをお楽しみいただけます。
QVBの魅力的な歴史を探訪し、その改修やデザイン、コンセプトから学びます。
プチスイーツ、フィンガーサンドウィッチ、スコーン、スパークリングワインがQVBスタイルです。
料金:A$60.00
所要時間:45分のガイドツアー後、ハイティー
ツアー時間:木曜 午前11時半から
要予約:QVBコンシェルジュ 

チョコレートツアー(CHOCOLATE TOURS)
・Haigh's Chocolates
・Koko Black
・Parisi
・Adriano Zumbo Patisserie
上記QVBショコラティエのチョコレートの試食、ザ・パレス・ティールーム(The Palace Tea Room)にてクリーミーなホットチョコレート、スパイシーなメキシコホットチョコレート、チョコレートティーなどをご用意。ツアーの終わりにはチョコレートのギフトをお持ち帰りも。
料金:A$65.00
所要時間:90分間
ツアー開始時間:水曜、午後2時半から
要予約:QVBコンシェルジュ