よくばりトラベルプランズ

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

海外旅行に必須の現金を外貨宅配で手に入れよう!

ここ数年で多くの外貨両替の宅配事業が始まっています。郵便局、三井住友銀行JTBなど大手企業も加わり安心して選べる選択肢の一つになってきました。

piggy-bank-1510497_.jpg 

ただし念のため書いておきたいのですが、幅広く調べた結果のおすすめはクレジットカードのキャッシングです。キャッシングは年率15~18%で翌月一括支払い。実質利息は1.25%~3%ですからほとんどの外貨両替手数料と比較してキャッシングがお得になります。
特に手数料の安いアメリカドル、ユーロ以外は比較することも出来ないくらいです。取扱いの少ない中東やアフリカ系の通貨の中にはキャッシングの10倍以上の手数料がかかるものもあります。
…とはいえ私はまだキャッシングに踏み切れていない側のひとりです。

クレジットのキャッシングが良いと言われているのは分かるけれど、はじめての渡航先でのキャッシングは慣れない上に失敗が許されない感じがしてしまいますし、なんとなくキャッシング自体に抵抗感があるので、少しくらい高くてもいいからキャッシングは避けたいという気持ちがある方は多いと思います。わたしもそうなので…とりあえず他も検討してみましょうか。

ということで、とにかくお得に外貨宅配を利用する方法やいくつかのお店を調べて表にしました。
レート&手数料比較にぜひお役立てください!

外貨宅配のメリット

一番は銀行や空港の両替店よりも比較的いいレートで両替可能なことではないでしょうか。手数料が安いことは嬉しいですよね。
気になるのは宅配送料ですが、これは金額が多い場合は無料になるので、両替金額が多ければ多いほどお得になっていくシステムです。
他にもセール・キャンペーンなどで優遇レートがあるのも魅力的。
忙しい人にとっては24時間受付が可能なこともありがたいですし、店舗などでは通常取扱いのない幅広い通貨を取扱う店舗も豊富です。

外貨宅配のデメリット

口座振込・代引きの手数料がかかる場合がある、両替金額によっては送料がかかること、受取り際に自宅や勤務先に本人がいなければならないことではないでしょうか。日付・時間指定は可能なことが多いし、不在時再配達もしてくれますがやはり不便な面はありますね。
他にも受取時に金額の差異がないことを確認しなければならないことは金額が多いと大変かもしれないですね。

それでは実際の外貨宅配をしている店舗別サービスの違いを見ていきましょう!

gaikatakuhai.png

まず両替したい外貨を取り扱っているかどうかが重要ですよね。取扱種類は11~36種で、比較的需要が高いものは比較を楽しめます。逆に東欧、中東、南米、中東、アフリカはあまり選べません。

そして次に気になるは為替レート。銀行、空港の専門店と比較すると宅配の方がお得なことが多いです。1万円以上なら手数料込みでも宅配の方がほとんどお得です。ただし大手企業の宅配は安心を買うという思って我慢ということになります。そして需要の少ない国の外貨手数料はとんでもなく高いですし空港での取扱い店も少ないです。だからといって現地の両替店も信用できないし…とんでもない枚数になってチェックが大変とかありますよね。安心・安全を買うのが高いと思うかどうかは自分次第です。では各お店の特徴など簡単に書いておきますね。

one-69528_640.jpg 

各店舗の特徴


外貨両替ドル・ユーロ
東京・南青山の外貨宅配専門店(店舗なし)
10万円以上の銀行振込は送料無料
セールレートがある
1回あたりの上限がないのは珍しい(入国時の持ち込み現金には上限があるので注意)

GPA
成田空港直営の外貨両替専門店
成田空港内に7店舗あり
送料無料・代引きのみ
取扱種類34と豊富

Travelex(トラべレックス)
外貨両替専門店の世界最大級(日本国内に76店舗あり)
店舗とレートは違う
10万円以上は送料無料
空港で受取も送料無料
クレジットカード払い可
宅配は「りそな銀行」経由の優遇レートを利用するとお得
店頭両替なら各種割引を手に入れてから利用
(3万円以上・エクスペディアアプリ・HISクーポン・ソニー銀行ANA上級会員など)

大黒屋
格安チケットショップ(両替を取扱う店舗は48軒)
11時~14時半のみ受け付け
それ以外の時間レートが消える(前日のレートはキャッシュページで閲覧可能)

JTB
国内最大手旅行会社
送料無料
クレジットカード払い可
店舗での外貨両替は現金・デビットカード払いのみ、取扱通貨は一部

TISCO JAPAN
九州・沖縄の空港に店舗を持つ外貨両替専門店
外貨発送管理費630円
振込口座が福岡・沖縄銀行
香港ドルに強い

インターバンク
東京の秋葉原に店舗を持つ外貨両替専門店
取扱外貨種類は12と少ないが、為替レートは80%がナンバーワン
ロイター通信、日経新聞の取材実績のある会社

江戸屋両替センター
江戸屋という名前ですが沖縄の外貨両替専門店
沖縄外からの注文については要問合せ

三井住友銀行
安心の大手銀行
取扱外貨種類36と最大
多くの地方銀行と提携し外貨宅配のサービスを行う

ゆうちょ
送料無料
各店舗でも外貨両替可能(レートは違う)

チケットオンライン(両替オンライン)
上限200万円(入国時の外貨上限あり)


ある日の参考レート

おまけとしてレート表を貼っておきますがあくまでも2016年9月11日、14日にチェックした内容なのでこのお店が安そうとか欲しい国の通貨を取り扱っているとかの目安にしてくださいね。
 (レート表は手打ちなので間違いがあったら申し訳ありません。)

gaikatakuhai02.png 気を付けたいのは送料と振込・代引き等の手数料。金額が多ければ無料になったり、もともと無料だったりしてレートだけでは判断できないことです。両替金額を決めてから実際いくらかかるのか計算してみましょう。


にほんブログ村 旅行ブログへ