よくばりトラベルプランズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくばりトラベルプランズ

旅行好きの情報公開!誰かの旅行プランの役に立つように、時間・料金・お得・便利をメインに書いています。

ベルギーで本場のワッフルを食べよう

ベルギーで思い浮かぶスイーツといえば、チョコレートとワッフルではないでしょうか。


ベルギーにはじめて訪れたなら誰もが向かうのは「グラン・プラス」街の中心にある美しい大きな広場です。

その近くには探さなくても簡単にワッフル店を見つけることができます。



IMG_6762.jpg 
2010年8月
le Funambule since 1867

例えばこんな生クリームや苺、チョコレートソースてんこ盛りタイプ。

ル・フナンブル」はテイク・アウトのみです。甘いものが大好きな人はたまりませんね。口コミを見ると以外とクリームが軽くてペロリといけちゃうみたいですよ。

プレーンタイプもあって1€とお財布に優しいです。

IMG_6761.jpg 

お店の入口にはヌテラがぶら下がってたりします。

シドニーのおみやげでヌテラを食べてからもう虜になってしまいました。ヌテラらぶ。



SIMG_6770.jpg 

Leonidas
こちらはチョコレート専門店として日本でも有名なレオニダス

こちらのワッフルもプレーンタイプも同じく1€とお手頃。
いろいろ食べ比べもしてみたいのですが、甘いものは少量でおなかいっぱい派なのでここも我慢。



SIMG_6771.jpg 

Manneken 

ベルギーのマネケン発見!

と、思ったらこちらはベルギー料理店であのワッフルのマネケンとは関係ないお店です。
カフェとしてもお昼からビールという使い方も出来るみたいです。ワッフルも食べられるかも。


SIMG_6804.jpg 

いろいろ見ましたが、せっかくならお店の中でゆっくり食べたいということで、今回はカフェで焼き立てをいただけるお店に行ってみました。

Maison Dandoy Tea Room

選んだお店は、メゾン・ダンドワ・ティールーム(メゾン・ダンドア)
ブリュッセルのグラン・プラスの近くの名所「小便小僧」へ向かう道の途中にあります。

1829年創業のメゾン・ダンドワの2階のティールームでいただきます。

SIMG_6807.jpg 

ベルギー・ワッフルには
ブリュッセル・ワッフル」と「リエージュ・ワッフル」の 二種類があります。

①「リエージュ・ワッフル」
 丸いかたち、中にザラメ(ワッフル・シュガー)が入っていて、しっかり固めです。
②「ブリュッセル・ワッフル」
 四角いかたち、軽~くて外はサクサク、中がふわっふわです。

SIMG_6808.jpg 

お店のメニューはブリュッセル・ワッフルのページとリエージュ・ワッフルのページに分かれています。

ベルギーは「オランダ語」と「フランス語」が公用語なのでその二つと、観光客用に英語の3言語書かれていましたよ。優しいですね。
(日本に支店が出来てからはなんと日本語のメニューが出来たみたいです!)

はるばるベルギーまでやってきたので両方とも食べてみたい。というよくばりな私たちは二種類を注文することにしました。

「イチから作るので時間がかかるよ」と言われましたが快くOKし、しばらく待ったと思います。

SIMG_6809.jpg 

飲み物はショコラ・ショー(チョコレート・ドリンク)にしました。

あま&あまです。

SIMG_6812.jpg 

こちらのお店は「*スペキュロス」というシナモン風味のビスケットも有名です。
といっても、有名だということを知らなかったのでお土産に買いそびれてしまいました。

ショコラ・ショーのおまけとして付いてきて食べそびれず良かったです。笑

SIMG_6810.jpg 

さてさてメインのワッフルがやってきました。
こちらはザラメが入った丸タイプ①の「リエージュ・ワッフル&ストロベリー・ソース」です。

さすが焼き立てで美味しい。そして甘い。

SIMG_6813.jpg 

こちらが軽~い②「ブリュッセル・ワッフル&苺&アイスクリーム」です。ソースの苺がつぶれていなくて可愛いです。

ブリュッセル・ワッフルは家庭で作ってもアイスクリームやソース、生クリームなどをのせて楽しむそうですよ。

焼きたてのワッフルは外はカリカリ中はふっかふか。 とても美味しかったですよ。

SIMG_6805.jpg 

店内は落ち着いた雰囲気で歴史を感じるつくり、入店時間はちょうどお昼だったのですが私たち以外のお客さんは居なかったと思います。

店員さんがいなくて心配していましたが、しばらくしたら来てくれました。
対応もフレンドリーで開いた窓から心地よい風が吹いて居心地が良かったです。

CHOCO CHAUD 2.95x2  5.90 
G.LIEGE COULIS FRT  4.10 
GAUF.BXL GLA-FRAIS  6.90 
TOTAL 16.90EUR 
(こちらは2010年8月の料金)

Maison DANDOY
RUE CHARLES BULS 14/18 1000 
BRUXELLES 

チップはお忘れなく~。

日本人が多くなってくると、忘れる人が多いからか悲しいことに店員の対応がどんどん悪くなっていく…という傾向があるらしいですね。

チップはオーダー・サーブ・片付けに支払うもので愛想に払うのものではないらしいですよ。もちろん強制ではないですが。


他のお店を知らないので比較はできませんが、とても美味しくて感じが良かったのでもう一度行きたいです。

もしベルギーのブリュッセルに訪れたら、こちらのお店に寄ってみてはいかがでしょうか。



MaisonDandoy.png 

調べてみたら、なんと日本語の公式ホームページがありました。

MaisonDandoyTokyo.png 

2012年に海外1号店として大丸東京店にショップが出来ていました。今度東京に行ったら寄ってしまいそう。口コミの点数もなかなか良いです。


ベルギー家庭でのワッフル

ブリュッセル・ワッフルは以前は一般の家庭でおやつの時間に手作りで食べられていたようですが、 最近ではリエージュ・ワッフルをスーパーで買うお母さんが増えたそうです。

ちょっとさみしいことですが、便利な世の中になっておやつの手作りは日本でも減っている気がします。どの国でも同じですね。


*スペキュロス(Speculoos)

ベルギーを代表する郷土菓子です。

ベルギーを南北2つに分けた北部側の、ブルージュやゲントを含むフランドル地方フランダース) に伝わるビスケット。 
フランドル地方:オランダ南部とフランス北部にまたがる地域のこと)

材料はカルダモン・ナツメグ・ジンジャー・シナモン・蜂蜜・ブランシュガーなど、 香り豊かでカリッとしているのが特徴です。 


スペキュロスを食べる日

ベルギーでは、セント・ニコラス祭(Saint Nicolas)の12月6日に食べる習慣があります。
 
セント・ニコラスは、オランダ語でシンタ・クラース(Sinter Klaas)といって現在の
サンタ・クロース」のもとになった聖人だそうです。

この日、セント・ニコラスはロバに乗ってやってきて、一年間良い子にしていた子ども達にプレゼントとチョコレート、聖人をかたどったスペキュロスをくれるということです。 

子どもたちは、ロバへのニンジンとセント・ニコラスへのお酒と手紙を暖炉の前に置いて眠るそうです。

ほぼサンタさんですね。

SaintNicolasDandoy.png 

この型のスペキュロスは、大丸東京店のダンドワさんでも「期間限定」で販売しているようです。かわいい。


LotusBiscoff.png 

味と食感を説明しますと…、
成城石井など輸入食料品店で売っているロータス ビスコフ(Lotus Biscoff)にそっくりです。

ロータスのオリジナルカラメルビスケット(ビスコフ)は80年の歴史のあるベルギーのお菓子メーカー。


例えば私が小さい頃のワッフルといえば、ふわふわの生地にジャムやクリームをはさんだコロンバンのワッフル。特に小倉&生クリームが大好きでした。

関西に来てからは「マネケン」の中にざらめがたくさん入ったしっかり目の生地で出来たワッフル。
結構前からコンビニでも簡単に買えていつでも食べられるし美味しいですよね。

ワッフルのことをこんな風に書いていたら食べたくなってきましたよ。皆さんも食べたくなっちゃいましたか。笑


にほんブログ村 旅行ブログへ